腹筋を効果的に鍛える4か条
  • 腹筋を鍛えるエクササイズの基本を外さないこと
  • 1つ1つの運動動作を丁寧に、楽をしないこと
  • 1回あたり30回以上の腹筋運動を目指すこと
  • 継続は力なり!1日2回、最低6ヶ月は続ける事

腹筋を鍛える運動の基本

個人で一番簡単、手軽に腹筋を鍛える方法はこんな感じです。

 まず、床の上に横になり、頭と脚を同時に上に上げる
 次に、同時に上げた頭と足を数秒間維持した後、静かに降ろす。
 これを30回、繰り返す。

これは男性でも女性でも子供さんでも基本は変わらないんです、、、
が、言葉で聞いても「なんだかな〜」という感じだと思いますので
動画を見てもらいましょう。

 この映像は任天堂Wiiのジャックナイフという腹筋を鍛える動作の動画ですが、よくわかりますので、まずこれをご覧ください。

 どうですか? 腹筋を鍛える動作そのものは簡単ですね。
 ここで注意すべきポイントが2つあります。

1つは
 胸が脚につくくらいの気持ちで上体をしっかり起こすということ

もう1つは
 足が床から離れてから床につくまでの時間を4.5秒以上に保つということ
です。

この基本を外すと、腹筋を鍛える効果がなかなか現れません。脚は勢い良く上げれるけれど、すぐ、バタンと降ろす人っていますよね。これでは効果が半減します。

くれぐれも、脚はゆっくりおろすように!同じ回数でも腹筋に与える影響が違うのが分かるはずですから。



腹筋を鍛える時は1つ1つの動作を丁寧に!

腹筋を鍛えるときに、結果がでるまでというのは非常に長く感じられます。

1回1回、腹筋のエクササイズをこなす時間もそうだし、毎日毎日やっていく日数もそうです。

だから、つい手を抜いて1回1回の時間を短くしてしまいがちですが、こと「腹筋を鍛える」ということについてはこれは御法度です。

「手を抜く」とそれは必ず腹筋という自分の体への「効果が遅れる」という形になって現れてきます。

 体を起こす時は腰から上を脚にくっつくくらいの気持ちで起こす
 脚を下げる時は、4.5秒よりは絶対に早く地面につかない

絶対手を抜かないように!がんばりましょう!!



1回のトレーニングで何回腹筋をやればいいの?

1回のトレーニングで何回腹筋をやればいいのかという問題はもちろん個人差はあります。

ですが、あなたも薄々お気づきのように5回や10回くらいではだめですよね。

このサイトに訪れた皆様は真剣に腹筋を鍛えたいっていう方ばかりですので、

 1回のトレーニングで30回の腹筋運動

をオススメします。

 ちょっとキツイですか? はじめは10回くらいからでもかまいませんよ。毎日腹筋を鍛えていると、だんだん慣れて、意外と早く回数は増やせるものです。

 昔の話になりますが、ビヨンボルグという、何度も世界チャンピオンになったテニスプレーヤーがいまして、彼は朝、昼、晩と腹筋を20回ずつこなしていたらしいです。

 腹筋が割れるくらいになりたい皆さんなら30回の腹筋運動、がんばりましょうよ!










TOPPAGE  TOP 
RSS2.0
Copyright© 2009- 2011年12月28日 Allrights reserved.
レンサ